人生で特別なイベント、結婚式を挙げる会場はどこが良い?


結婚式場に悩んだらまずは挙式スタイルを決める

結婚式を挙げるとき、式場は特にここと決まっていなければ悩みますよね。そのような際には、洋婚なのか和婚なのかという挙式スタイルを決定するところから始めると具体的な会場が見えてくるかもしれません。洋婚の場合は、花嫁と花婿は白の洋装であったり、家族や友人などが参列したりする華やかな式を教会で挙げます。一方、和婚の場合は、新郎新婦の服装は和装であったり、列席者が夫婦となる2人の親族のみであったりと厳かな雰囲気の式を神社で挙げます。このように洋婚と和婚では挙式場所が異なるため、どちらのスタイルで式を挙げるか決めるだけでもある程度、会場を絞れるでしょう。洋婚か和婚かは、それぞれ衣装や参列者、雰囲気が違うためそこを判断基準にすると良いかもしれません。

両家の宗派の違いや挙式したい場所があるとき

挙式の方式はおおまかに挙げると教会式と神前式の2種類が多いですが、両家の宗派の違いによりどちらの方法も採用することが難しい人もいるでしょう。その場合には、人前式という挙式方法があります。この方式は、参列者に結婚の証人になってもらうという役割がある以外はほとんど決まりがありません。そのため、結婚式場にどこを選ぶかも自由です。チャペルでも、パーティー会場でも、ガーデンでも人前式を行っても良いという場所であればどこでも構いません。新郎新婦の宗派が違っても、2人にぴったりな会場で式を挙げられるでしょう。また、教会でも神社でもないがここで挙式したいという場所があれば、そこで人前式を行う許可が出ている場合に結婚式を行えます。

名古屋で結婚式を挙げる際には、実はホテルよりも結婚式場の方が人気です。そんな名古屋の結婚式場での結婚式には様々な風習があり、嫁入りトラックやお菓子まきなどは現在も行われているところがあります。